ニキビケア

 

難しかったニキビケア

以前、顔中がニキビだらけになったことがあります。どうやら、強いストレスによる大人ニキビができたようです。
その時は、まだ思春期ニキビの対処法しか詳しく知らなかったので、とにかくニキビケア化粧品を使うようにしていました。
基礎化粧品は、さっぱりタイプを使うようにしていましたし、大人なのでメイクしないわけにはいかないので、低刺激タイプのファンデーションなどを使いました。

 

メイクは良かったのですが、どうも基礎化粧品に問題があったようです。自分の肌タイプを正しく認識していなかったことも問題でした。
普通肌だと思っており、ニキビケア用の基礎化粧品を平気で使っていました。これを使い続ければよくなると思っていたからです。
しかし、大人ニキビの場合は、思春期ニキビとは違う対処をしなくてはならなかったので、なかなかニキビは良くならなかったのです。

 

ずっとニキビケア用の基礎化粧品を使っていたのですが、そこには大きな落とし穴もありました。普通肌だと思っていましたが、本当は敏感肌だったのです。
その上、アルコールに敏感だったのです。多くのさっぱりタイプの基礎化粧品にはアルコールが入っていたために、全然良くなりませんでした。

 

そこに気が付いたこともあって、敏感肌用の化粧品に切り替えました。
低刺激で、アルコールが入っていないニキビケア用の基礎化粧品を使うようになると、ニキビは改善されていきました。
洗顔も固形石鹸を使うようにしました。固形石鹸なら、余分なものが入っていないので、敏感肌に良いと思ったからです。
このスキンケアが良かったみたいで、ニキビが治りました。ただ、治りが遅かったのでニキビ跡が残ってしまいました。
早く間違いに気付いていればと思います。